嫁の不貞行為に気付いた話⑤ ~嫁の不貞行為の調査方法について~

0 Comments
サレ夫

SPONSORED LINK



やはり嫁が隠しているもうひとつのスマホがどこにあるか知りたい、
ということと、嫁の陰の行動を掴みたいという気持ちが日に日に高まりました。

仕事をしていても、休憩しているときも、子どもと遊んでいても
自分の趣味の時間もずっとそのことばかり考えていました。

スマホは家のどこか、もしくは車の中あたりがあやしいような気がしますが
これは探すしかないのです。

しかし俺が会社に行って子どもたちも学校に行っている間の嫁の陰の行動が
知りたいのです。


そこで考えた方法が

1.探偵を雇う。
2.有給休暇をとって会社を休み、会社に行った振りをして尾行する。
3.GPS発信機を取り付ける。
4.スマホを1台契約して車に設置し、位置特定でスマホを
   発信機代わりにする。

まず探偵は却下しました。これは賛否両論あると思います。
<メリット>任せていれば調査してくれる。証拠写真などが取れる(はず)。
<デメリット>どんなに安くても数十万円は掛かる。
         成功報酬型でも結果として安くなりえない。
         調査期間が長引けばそれほど費用が発生する。
         依頼した期間にもし嫁が知りたい行動にたまたま出なければ
         それで高額はお金はドブに捨てるようなもの・・・
         探偵には悪質なところもあるようで、実際は適当に調査したふりして
         適当な調査結果を渡し、何もありませんでした、というところもあるらしい。

自分自身で尾行する、これはできそうですがそれなりのリスクはあります。
<メリット>それほど費用が掛からず、自分の思うように調査できる。
<デメリット>見られても良いように服装も普段着ないものを用意しなければならない。
         車移動も有り得るので費用もそれなりに掛かる可能性がある。
         その日にもし嫁が知りたい行動にたまたま出なければ
         一日棒にふってしまう。

SPONSORED LINK



GPSに関して。
<メリット>位置をタイムリーに把握でき、記録も可能なものもある。
        (GPSには何通りか方法があります。
         ひとつは受発信機は月極などのレンタルで借りるパターン、
         もうひとつは受発信機自体を買うパターンです。)
<デメリット>いずれもそれ相応に費用が掛かります。

スマホをGPS代わりにする方法。
<メリット>位置をタイムリーに把握できる。
<デメリット>電話を1台契約することになり費用が発生する。
         基本的に1~2年は契約しなければなりません。
         契約会社によっては契約関連書類や利用明細書が家に届いて
         知られてしまう。
         またスマホのバッテリーを常に充電しなければいけない。
         (車のバッテリーから電源を引く工事をすれば充電不要)
         タイムリーに位置は分かっても記録はできない。


なかなかどれもメリット、デメリットがありますが
いずれにしても費用が掛かります。

実は俺は結婚当初から20年近くたつ今もこづかい額はほとんど同じで
月1万5千円程度なのでお金にも余裕がありません。
 (いずれ俺はこの中の方法に派生するやり方を独自に考え
  嫁の行動を手に取るように把握することができるようになりました。)

結局、当面なかなか決めることができず
毎日、嫁の入浴時にスマホのチェックをするだけの日々が続きました。

そして嫁の不審な行動はまだまだ続きます。



続きは次回の記事に書きます。

SPONSORED LINK


↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

サレ夫
Posted byサレ夫

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply