スポンサーサイト

-
サレ夫
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

サレ夫
Posted byサレ夫

嫁の不貞行為に気付いた話③ ~嫁と浮気相手の会話~

0 Comments
サレ夫

SPONSORED LINK



嫁のスマホで発見した不審なメール、
そして判明した嫁の不貞行為相手であろう男性の存在、
いったいどこの誰なのか?

ところでなぜ嫁は不審なメールをスマホに残したままだったのか?

考えれば嫁は電子機器の操作が比較的苦手であり、尚かつ
性格的にコツコツとマメに物事をこなすのが苦手で、ある意味大雑把な性格なので
自分が不貞行為相手に送信したメール内容はその場で削除していても
相手の受信メールは全部消したか確認しきれず残してしまったと推測できます。

嫁が俺を非難し離婚したいと不貞行為相手の男性に話していると娘から聞いてから
毎日、仕事中も嫁の不貞行為のことが頭から離れず、何をしていても心の片隅に重く残っており
腹立たしいけど証拠がない、しかし何とかしたいけどすぐにできないと、もどかしい状態で
夜も熟睡できず何度も何度も夜中に目が覚める日が続き苦しみました。

これを打開するには何とかしてまずはその相手の男性の正体を知る必要がある、
そのために何をしたら良いのか?

会社から帰り、食事をして何も知らない振りをして普通に嫁と話しをし
娘や息子と楽しく遊んだり話したりして
そのあと毎晩布団に入ってからどうすれば良いのかよく考える日が続きました。

一番早い方法は、娘にいろいろ聞くことですが、まだ幼稚園の年長児である幼い子に
あれこれと本人も辛いであろう記憶をむし返してあとあと心を傷つけるようなことは
やりたくありません。

しかし糸口だけでも掴みたい、これが最後にしようと決めて娘に少し聞いてみました。

「最近、お母さんは前にお話ししてくれた男の人と会ってる?
 もし知ってたらでいいからまたお父さんに内緒で教えてくれる?」

と再び娘にやさしく聞いてみました。

すると、また小さい声で

「一緒に出かけたよ。おうちまで男の人が車で迎えに来た。幼稚園から帰ったら
  お母さんに電話が掛かってきて、制服のままお母さんとあわてて出かけた。
  男の人の車が見えたとき男の人がお母さんに手を振って”おう!”って話ししてきた」

と言いました。
そして

「○○の100均で男の人とお母さんと一緒に買い物に行った、
 そのときお母さんの仕事の友達の女の人と会ったとき、”あっ”って驚かれた。」
「男の人とお母さんと一緒に○○でアイスを食べた。
 そのときお母さんが男の人にお父さんと”昨日喧嘩した、離婚したい”って言ってた。
 そのあと○○に行っておもちゃ買ってもらった。」
「この前、ファミレスに一緒に行って帰りにガチャガチャさせてもらった。
 でもこのことはお父さんに言ってもいいってお母さん言ってた」
「お母さんと2人でおうちの車で男の人の家へ行って男の人の駐車場に車を止めた。
 男の人の家にも上がってジュースをもらったりした。
 そのあと男の人の車に乗り換えて買い物に行った。」
「その男の人もお父さんもお母さんのこと好きだから、お父さんに話しすると
 男の人と喧嘩になるから絶対に話したらダメってお母さんが言ってた」

などと次から次へと詳しく話ししてくれました。
そしてもう少しだけ聞いてみました。

SPONSORED LINK



「その男の人、どんな人だった?めがねかけたり、お髭はやしてた?」
「男の人の名前知ってる?」
「結婚してるって言ってた?」
「車はどんなのに乗ってるの?」

すると娘は

「名前は知らない、ひげがはえていてキモい」
「結婚してたけど離婚した、子供が二人いたけど公園で殺されたって男の人が言ってた」
「前乗ってた車はボロボロだったので新しいの買ったの。その車はお母さんの仕事で一緒に
 働いている女の人が置いていったお金で買ったって言っていた」

そのうち娘もだんだんと嫌な顔になってもうこの話ししたくないと言いました。

思った以上に詳しく話してくれたのでつい夢中に聞いてしまいましたが
ふと我に返りました。いけない、いけないと。

しかし日常において嫁がその男性と陰でどんな行動をしていたか
少し分かってきました。

ここで相手の男性は勤め先の人間か、その関係者かもしれないとも思いました。

ただ俺が働きに行っている昼間や晩方の時間帯に掛けてフリーな時間を作れるというのは
いったい何の職業なのでしょうか?(もちろんのちのち分かります)

子供が殺された、とか、車は嫁の勤め先の女性のお金で買った、という内容に関しては
どうもその男性が子供相手だからと適当に話した内容のような気もします。

娘の話にもちろん偽りは無く現実の話のようですが、やはりそれだけでは何の証拠にもならない。

嫁に話しても、知らない、友達だと常道文句を言われるだろうし
嫁が娘に精神的虐待や制裁を加えるのが目に見えているので絶対にできない。

やはり物証が必要なのです。

そしてこれ以上、娘にこの話題をするのは酷なのでできません。

どうしたら良いのか? 探偵を雇って調べるしかないのか? 

いや高額な費用が掛かるし、必要な証拠がとれる確証もない。

その他に方法はないのか?とひとりで悩んでいました。


数日後、会社から帰って嫁が先に風呂に入っている間、いつものように
娘とふたりで遊んでいるとき、今度は娘の方から俺に小さな声で
コソコソ話するように

「お母さん、今日はあの男の人と会ってないよ」

そして短い話しの中でこんなことを言いました。

「お母さん、スマホ2つ持ってるよ、いつも持っているのと違うの。
 男の人がお母さんの誕生日に買ってあげたの、水色の電話。」

えっ? 何?! 
水色のスマホ?
スマホを2つ持ってるって?



続きは次回の記事に書きます。

SPONSORED LINK

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

サレ夫
Posted byサレ夫

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。