スポンサーサイト

-
サレ夫
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

サレ夫
Posted byサレ夫

嫁の不貞行為に気付いた話⑦ ~嫁のスマホから浮かび上がる男の影~ New!

0 Comments
サレ夫

SPONSORED LINK



嫁の不貞行為が発覚する前から、実はその兆しは既にありました。


あれだけ俺の不貞行為を強烈に疑っていた嫁が
知らぬ間に全く疑わなくなっていたのです。



たとえば嫁の不貞行為を知る2ヶ月ほど前の年末、
俺は実家に近い場所にある友人の経営するレストランで
高校時代の忘年会兼同窓会があるため、夜に出向いたことがありました。


前の記事でもお話ししましたとおり、嫁は俺に対して結婚当初から
在りもしない強烈な被害妄想(俺が不貞行為をしているんじゃないかという被害妄想)を持っており
今までなら絶対このような忘年会に行くことは暗に禁止されていました。



しかし今回は、話しをしても嫁は”あっそう”と言っただけで
いつ何時から忘年会があるのかを何度か確認してきただけで
特にとがめる様子もなく、気にもしていませんでした。



久しぶりの忘年会兼同窓会に行くことができ
ようやく嫁も大人になったのかなあ 
と良いように考えていました。



忘年会は当然ながら夜から開催されるため
ぎりぎり終電に間に合わず自宅に帰ることができなくなりました。


ましてやタクシーで帰れる距離でもないので
金曜日だということもあって仕方なく
空き家になっている実家のマンションが近かったため
そこに泊まることにしたのです。


ここは既に母親が認知症で介護施設に入居していたために空家になっていました。



本来なら忘年会だけでもアウトなのに、俺一人で泊まりで朝帰りとなると
今までの嫁の感覚なら当然、不貞行為を疑われても仕方が無い状況ですが
帰れないと電話をすると、嫁は平然と
「 そうでしょうねー 」
と言って何の問題もないような感じでした。


このとき俺自身、あまりにも拍子抜けしたというか少し疑問には思った
のは確かです。



そして翌朝の土曜日、帰ってから嫁に疑われるのが嫌なので
嫁に今から帰るとメールをして
かなり早めに実家を出発して自宅に朝の8時半前に到着しました。



するとなんと嫁は居なかったのです。


子供たちは二人とも居ました。


そして風呂場の乾燥機が動いており
30~40分くらい前にスイッチを入れたのが分かりました。


ということは少し前まで嫁は居たはずです。


帰る前の俺からのメールにも返信してきませんでした。



そんなに早く買い物に行くわけもないし
俺には出て行くなど何の連絡もしてきていません。


そして不審に思い、嫁に電話をしましたが出なかったので
メールをしても返事がありません。


そのうち子供が起きてたので聞いてみると
どこかわからないけど先ほど出て行ったと言ってきました。



結局その日は昼過ぎに嫁が帰ってきたので
どこに行ってたのか聞いてみると
「勤め先の知り合いに紹介してもらった整骨院に行っていた」
「予約できないところで人気なのですぐにいっぱいになるから早く出ていたった」
と言ってきました。


俺は何か腑に落ちませんでしたが、その場はそれ以上問い詰めませんでした。


その後、娘に嫁のことを聞いてみると
「お母さん、昨日の夜遅くに買い物ひとりで出かけて夜11時ぐらいに帰ってきたよ」
と言っていました。


SPONSORED LINK




このように嫁の不審な行動がありましたが、実はそれ以前にもありました。


嫁はよく夜から近所に買い物にひとりで出かけることが多くなりました。


近場へ車で行くのですが、だいたい1時間半から2時間は掛かりました。


せいぜい近場で2~3軒まわるだけでもそんなに掛かっていたのです。


なぜそんなに掛かるのか聞くと
「あちこち探しながら回っているから」
「車が込んでいた」
「同じところを値段を見て行ったり来たりした」
というどちらとも言えないことを言ってきましたが
更に追求すると、急に怒って怒鳴りだすのです。



また俺は趣味で数年前から週末になると夜中に海釣りに行くことが増えましたが
初めのうちは帰りが遅いと、いつものように不貞行為を疑ってきました。


そして釣った魚を持って帰っても女と行ってたのではないかと疑ってきました。


釣りに行くこと自体を不貞行為だと暗に決め付けて文句を言い、釣りに行くたびに
怪訝な態度を取られ半分俺を無視してきました。



ところが不貞行為が発覚する数ヶ月前くらいから急に疑わなくなったどころか
週末に釣りに行く準備をしないと「今日は行かないの?」と行ってきたり
2週間も行かないと「行ってきたいいのに」と嫁から勧めてくるようになり
不思議に思っていました。



その他にも、以前なら俺の会社のスマホや財布の中身を
俺が入浴中にこっそりチェックしていたのに
なぜか全く見なくなっていました。



今までなら俺の不貞行為の疑いに関係することも
全く疑わなくなっていたのです。


どちらかというと俺に感心が無くなった、と言った方が正解かもしれません。




俺のこと以外にも嫁自身の不審な言動がありました。



不貞行為が発覚したころ、嫁はすでに仕事に行っていましたが
その仕事をやめて保険の外交営業をしようか思っていると
俺に突然言ってたので不思議に思いました。


なぜなら嫁は、保険の外交営業をする女性はだいたい訳有りで
体を売って仕事を貰ったり、友人や親類に保険を勧めて交友関係を無くす
下衆な仕事だと今まで散々さげすんでいたのです。


それを自分から突然やりたいと言ってきたのです。


俺はやめておけと嫁に言いましたが、なぜいけないのかという嫁と
口論になりした。


SPONSORED LINK




しかしこれはあとになぜか理由が分かりました。



また、釣りに行っても、今までなら電話などしてこなかったのに
夜中に用事も無く
「釣れてる? どこで釣りしてるの?」
と聞いてくることが増えたのです。


寝れないから電話したという嫁の言葉を真に受けて
そのときは俺は何とも思っていませんでしたが
これもあとでなぜか分かったのです。



土日の朝、だいたい俺は夜中に釣りに行っているので
朝11時前後まで寝ていました。


そして目が覚めるとだいたい、娘もまだ寝ており
嫁はひとりで買い物に出かけて既に家に居ませんでした。


息子に聞くと1~2時間前くらいに出かけたとだいたい言っていましたが
嫁はいつも13時すぎくらいに昼ごはんを買って慌てて帰ってくるのです。


近所に買い物に朝から2~3軒行って普通3~4時間も掛かりませんよね。


不審に思って聞くと嫁は適当に理由を付けてきましたが
あまり追求するとやはり怒って怒鳴りだしました。


これもまたあとで理由がわかたのです。



まだまだありますが、いい加減長文になりましたのでもうひとつだけお話ししますと
嫁が某所に仕事に通い、ある程度なじんだと思われる頃
昼食に弁当を持って行くようになりました。


普段から俺はよく食器の洗いものなどを自ら手伝っていましたが
なぜか弁当箱がいつも2個+デザート箱1個の計3個あったので
何となく不思議に思い、
ある時なぜいつも3つも弁当箱を持っていくのか嫁に聞いてみると
「作って余ったおかずを会社の人にあげるために持って言っている」
と言い、俺は何となく腑に落ちませんでしたが納得はしました。


俺がそのように聞いた日以降くらいからは、嫁は仕事に弁当を
持っていかないようになりました。

不思議に思い、
「最近は弁当持って行かないのか?」と聞くとなぜか急に怒り出し
「なぜそんなことをきかれなければいけないの!」と言って怒鳴りだしました。


ただ何となく聞いただけなのになぜこんなに怒るのか意味がわかりませんでした。


おそらくこれは例の不貞行為相手に作ってあげていたのでしょう。




以上のように俺への在りもしない不貞行為妄想が全く無くなったこと、
そして同時に嫁自身の不審な行動、
そのときは腑に落ちないまま、何となく済ませていましたが
今考えればすべてが不貞行為に結びつくような前触れがあったのです。



そして例の・・・
不貞行為相手の男性からのメールや電話は日を増すごとに
増えてきました。


朝早くから夜中まで、真昼間の時間帯も発着信履歴が残っていました。



やはりどうしても嫁の陰の行動が掴みたい、
でもどうすれば・・・
いろいろ調べていくうちにようやく、これで可能なのでは?という
ある方法を思いついたのです。



続きは次回の記事で書きます。

SPONSORED LINK

↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓
にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村
↓↓↓応援(クリック)お願いします!↓↓↓

離婚ランキング

SPONSORED LINK

サレ夫
Posted byサレ夫

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。